厚木市の鈴木工業が考える解体業者の比較ポイント

046-244-5042

業者の比較ポイント

よい解体業者の定義とは?鈴木工業が考える業者比較ポイントをまとめました。

質の高い解体工事、2つのポイント

事前準備ともいえる近隣あいさつと足場架設・養生の時点で質の違いが出るものです。
一見、工事の質と関係なさそうな近隣あいさつですが、解体工事は思っている以上に騒音やほこりが立つ工事。
当事者であるお客様からしてみると「工事は日中だけなのだから大丈夫」だとしても、近隣の方々からすれば、普段の暮らしを脅かされているといっても過言ではありません。
近隣の方々の身になって考えてみると、事前に音やほこりが出ることを知っているのと知っていないのとでは大きな違いがあるものです。
まれに事前にあいさつをしていても「思ったよりもうるさい」というご意見をいただくこともありますが、一度ごあいさつで顔を合わせているので、話を聞いてもらいやすくなります。

また、足場架設・養生は、工事を進めやすくする以外に近隣への配慮の意味合いが強い工程です。
養生に用いるシートは、ただのビニールではなく優れた防音・防塵機能のあるものです。しっかりと足場を組み立て、シートを隙間なく張っていくことが、近隣の方々からのクレームを防ぐことにつながります。
この2つの工程を大事にしている業者のほうが、いい業者といえるのではないでしょうか。

操縦の上手い・下手でも大きく違いが

周辺の付帯物や建物内部の撤去が終わり、建物自体の解体を行うときに重機「ユンボ」を使用します。
このユンボ、けっこうな騒音を発する機械で、操縦が下手だとムダに稼働させることになり、結果音が出る時間が長くなります。
経験を積んだ専門会社なら、必ずといっていいほど重機の扱いに長けたスタッフが在籍しています。
操縦が上手いとムダな動きが少なくなります。音が出る時間が短くなり、事故の可能性も軽減します。

コンプライアンス遵守、その本当の意味

よくテレビでごみが山積みになったシーンや海を越えた遠い国に日本の家電が山になっているシーンを見かけることがあります。
これは悪徳な解体業者や不用品回収業者が不法投棄を行ったなれの果てです。不法投棄はれっきとした犯罪で、摘発された業者は罰則を受けます。
お客様がいちばん気になるのは「もし自分が依頼した業者が、不法投棄をしたらどうなるか」ということにつきると思います。

・・大丈夫です。依頼主に火の粉が飛ぶようなことはありません。
とはいっても、自分が依頼した業者が悪徳だったら、ショックですし、なんだか気持ち悪いですよね。
近年はコンプライアンスの重要性が強調されるようになっているのでめったなことはないはずなのですが、問題は「コンプライアンス」の言葉が独り歩きをしている点。
コンプライアンスの直訳は「法律や条例を遵守する」。この言葉のウラをとって法律・条令をかいくぐる方法を追求する業者がいることは否めません。

コンプライアンスの本当の意味は「社内規程・マニュアル・企業倫理・社会貢献の遵守」。
不法投棄で摘発、という異常事態を起こさないために、社内でどういうルールを設定すべきか、どのようにマニュアルを運用して行くか、そのルールやマニュアルの整備はどうするかまでをしっかり考えている業者を選ぶべきだと思います。

おすすめ情報

株式会社 鈴木工業

解体工事を経て新たな資産活用を。
まずは土地をリセットすることから始まります。神奈川県厚木市を中心とした地域密着型の家屋解体

046-244-5042

受付時間:平日9:00~18:00